美しい建築を確かな技術力で実現します
来年の手帳

来年の色

涼しくなったと思えば、来週からは10月。今年もあと3ヶ月となりました。

今日、とあるメーカーにサンプルを依頼したら、日本設計にいた頃の営業担当の方からお電話を頂いたりして、繋がっていることに嬉しさを感じています。

 

この時期の毎年恒例となった「来年の色」を選び、新しい手帳を準備しました。

私は、5年ほど前からEDITという手帳を毎年使っています。

年間の目標、毎月のテーマ、週間予定、日々の記録などどんどん書き込んでいきます。

 

前職にいたとき、配布されたiphoneに打ち合わせの予定を全て入れて、手帳を持たなかった時期があります。

最初は携帯2台持って、手帳も持つと鞄が重くなり過ぎるからという理由だったと思います。

その時、確かに’打ち合わせ’というタスクは消化出来ていくけれど時間を視覚的にイメージ出来ていないことに気づきました。

更に衝撃だったのが、一年とか一定時期を過ぎると予定表が真っ白に消えてしまうという・・・。

誰と打ち合わせしたとか、お会いしたという記録が消えてしまい、自分の時間を「消費」しているような気になったものです。

そこで基本に立ち返り選んだのが今の手帳でした。

 

ペンケースは義妹からもらったものを使ってます。

焼き印が可愛い!

神戸のCOREnection(コアネクション)のもので、柔らかく手触りが良くて、上質なものです。

コアネクションは、若年性認知症の方の活動場所を作るという取り組みをされているNPO団体です。

神戸は靴など皮革製品が昔から盛んでして、活動に協力している工房から端切れをもらい、革小物を製作して販売する活動をされています。

’記憶を記録’することに関連するものづくり。いい取り組みだと思っています。

 

持ち歩くのは、このペンケースと手帳と打ち合わせノートとMacbook。

これらの色が合うように・・・と来年の色はアプリコットオレンジで!

Related Posts